料亭坂本屋『懐かしいもの』

手あぶり

十一代 今泉 今右衛門作。

その昔、冬場の客室に炭を熾して使っておりました。

 

黒電話

昭和の雰囲気を伝える今も現役の客室の黒電話です。

とても懐かしそうに手に取って頂き、受話器の重さに皆さんビックリされます。
これが当たり前だったのですが、今となっては貴重なものになってしまいました。

意匠は彫刻家・文化功労者 故富永直樹先生によるものです。
富永先生には長崎の定宿としてご愛顧頂いておりました。

 

砂糖かめ

砂糖が貴重だった頃に保存用に使われていた「かめ」です。

今は玄関で水槽として利用しています。

 

炉跡

人力車の車夫がお客様を待つ間に暖を取っていた炉です。

 

石垣

坂本屋裏の石垣です。

長崎の町の中でも最も古い石垣のひとつです。

埋め立てによって広がっていった長崎の町、昔はこれよりすぐ先が海岸でした。

 

お稲荷様

坂本屋本館 松の間の庭には、小さなお稲荷様の祠があります。

商売繁盛を見守って頂いております。

 

南蛮屏風 ①

坂本屋本館ロビーの南蛮屏風です。

 

南蛮屏風 ②

宴会場にて使用している南蛮屏風です。

ポルトガルのカラック船「マドレ・デ・デウス号」の出島入港の様子が描かれています。

                                                          

 

 

店長あいさつ

坂本屋Webショップへお立ち寄り頂き誠に有難うございました。

坂本屋の伝統の味をこれからも皆様の食卓に真心を込めてお届け致します。

これからも末永くご愛顧願います。

 

責任者 坂本卓也

ご連絡先

株式会社坂本屋

〒850-0037

長崎市金屋町2-13

TEL:095-826-8211

フリーダイヤル:0120-26-8210

FAX:095-825-5944

            

■メールはこちら
■地図はこちら

坂本屋本館

坂本屋本館

料亭御宿 『坂本屋』 の公式ホームページをぜひご覧下さい。

■ホームページはこちら

■宿泊のご案内はこちら


トップページ| 商品紹介| ショッピング| よくある質問| コミュニティ
お客様の声| 店舗・会社案内| お問い合せ|